低金利住宅ローンを選ぶには

上手く低金利ローンを選らぶ方法をお教えします

低金利は金利の種類に重点を置く

  1. オリックスVIPローンカード

    実質年率3.000%~16.800%
    借入限度額800万円

  2. 住信SBIネット銀行 ネットローン プレミアムコース

    実質年率3.500%~10.000%
    借入限度額700万円

  3. オリックス銀行カードローン

    実質年率3.000%~17.800%
    借入限度額800万円

  4. カードローン BIG

    実質年率3.000%~17.800%
    借入限度額800万円

  5. みずほ銀行カードローン

    実質年率4.000%~14.000%
    借入限度額1,000万円

住宅ローンを選ぶポイントとして最も多いのは金利の種類 ではないでしょうか。金利の種類は大きく分けると固定金利、変動金利、固定金利選択の3つの方に分けることができます。
固定金利とは借りた時の金利で完済まで金利が変わらないまま支払いをすることができる金利のことです。
変動金利は契約時の金利で最初は返済していきますが、金利変動の影響を受けて返済額が変わってきます
固定金利選択型は、最初の一定期間が固定金利になっていて、一定期間が経過すると固定金利か変動金利か選択することができるようになっています。

固定金利型は計画性が問われる

このように種類がありますが、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。固定金利型は計画的に返済をすることができますが、基本的に設定されている金利が変動金利より高めになっています。変動金利は確かに最初の金利は低いかもしれませんが、金利が上昇した場合には返済額が大きくなってしまいます。将来的に金利が上昇する可能性がないとは言い切れないので、金利変動のリスクは常に負う必要があるのです。
そう考えると固定金利選択型がいいのかと思うかもしれません。確かに一定期間考える時間があるというのはいいでしょう。しかしもし金利が下がる状況なのであれば最初から変動金利を選択したほうが得をすることができます。

このようにどのような種類の金利を選択するかは十分に検討する必要があるでしょう。また、自分の返済計画にあったものを選択するようにしましょう。

審査に通らないと借り換えは不可能

住宅ローンの借り換えはだれでも簡単に行えるというわけではありません。新規の住宅ローンでも審査をしたと思いますが、借り換えの際にも審査を通過する必要があります。
また審査の基準に関しては借り換えのほうが厳しいとされています。もちろん金融機関によって基準は異なりますが、総合的に見て借り換えのほうがハードルが高いと考えておきましょう。
審査の項目すべてをクリアする必要はありません。審査を総合的に判断 し、通過するかどうかを決めています。ですが条件をクリアしていることに越したことはありません。

審査の際に重要視されるのは収入の安定性です。そのためホムロン:http://jyutakuloankarikae.net/など安心できるサイト 審査項目に勤続年数などの条件があります。勤続年数がながければ収入が安定していると言い切れるわけではありませんが、勤続年数が短い人よりは安定していると判断できるでしょう。
そのため簡単に言うと転職したばかりの場合、審査を通過するのが難しくなるかもしれません。最近では転職も一般的になってきたので、同職感のキャリアアップのような形であれば勤続年数が短くても問題がない場合もあります。

また、収入の安定性を図るために企業の規模も重要になります。中小企業よりは大企業の方が収入が安定していると判断できるでしょう。そのため大企業に務めている方が審査に通過しやすくなります。もちろん中小企業に務めているからといって審査に通過できないということはありません。あくまで判断基準ということです。

金利を計算

アーカイブ

Copyright© 2013 低金利住宅ローンを選ぶには All Rights Reserved.